有料老人ホームは、入居者のために食事や健康管理、掃除などの日常生活に必要な介護サービスを、ケアマネジャーによる入居者の状況や要望に合わせて作成したケアプランに基づき、介護職員がサービスを提供している高齢者向けの施設です。
高齢化社会が進行している日本においては、ますます有料老人ホームの需要が高まると言われています。

有料老人ホームには、介護付と住宅型、健康型の3つのタイプの有料老人ホームがあり、それぞれに入居の条件や特徴も異なるので、入居したい場合には、それらを十分に把握しておくことが肝心です。

介護付有料老人ホームでは、充実した医療体制の中で食事や入浴などの介護全般が受けられるのが特徴です。

住宅型有料老人ホームは、自立生活が可能な方を対象としていますが、介護が必要となった場合には介護保険サービスが受けることができます。

健康型有料老人ホームでは、その名の通り日常生活が支障なくできる高齢者を対象としているため、介護サービスを受けることができません。

特に介護付有料老人ホームは、国が定めている基準を満たしているという証の特定施設入居者生活介護という、指定を受けている施設となっていて、要介護度が高い方でも、必要となる介護サービスを十分に受けることができます。
また、ここでは介護保険法に基づいて人員体制についても要介護者3人に対し介護職員1人を配置する最低基準が定められていて、施設によってはそれを上回る要介護者2人に介護職員1人を配置しているところもあるので、手厚い介護が受けられるといえるでしょう。